レーザービデオ

キセノンラボ光源の操作デモンストレーション

ほとんどの光化学実験では、太陽光をシミュレートする必要があります。 私たちのキセノン光源は太陽光に似たスペクトルを持ち、出力波長範囲は200〜2200nmです。 キセノンランプシステムは、連続的な波長分布を備えた高出力のフルバンド光源です。 輸入されたキセノンランプ電球と最先端のモジュール冷却技術を使用して、光エネルギーの集中的かつ安定した出力を確保します。 高効率のカップリングSMA905インターフェース出力は、テストでの光の効果的な使用に便利です。 今すぐ確認しましょう。

CivilLasersのキセノンランプ光源は、スペクトル応用分析、光触媒、水生水素の光分解、光化学触媒、光化学合成、汚染物質の光分解、水質汚染処理、生物照明、光検出、さまざまな種類の可視光加速実験、紫外線帯で広く使用されています 加速実験および他の研究分野。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close