レーザー技術

レーザーの連続稼働時間を延長する方法は?

高出力レーザーは通常、大量の熱を発生し、長時間にわたってレーザー管を簡単に損傷する可能性があります。高出力レーザーを長時間使用することは推奨されません。

図1.ヒートシンクがないと、長時間連続して動作できません

場合によっては、ユーザーは高出力レーザーを長時間連続して動作させる必要があります。方法はありますか?

実際の作業での経験をいくつかまとめて、皆さんと共有します。

1.レーザーを選択
購入時にレーザーがTEC付きかどうかを商人に尋ねます。
TEC(熱電冷却器)は、さまざまな機器の温度制御に広く使用されている半導体冷却チップです。

図2.ヒートシンクとファン

高温でレーザーを使用すると、レーザーチューブが損傷するため、過熱保護モジュールも必要です。
温度がレーザー管の限界まで上昇すると、レーザーは自動的に動作を停止する必要があります。

2.熱放散の良い仕事をしてください
熱放散が行われている限り、高出力レーザーの連続稼働時間を効果的に延長できます。

まず、作業環境の温度を調整します。高温の作業環境にレーザーを置かないでください。

レーザーにヒートシンクと空冷装置を追加します。

図3.ヒートシンクを装備すると、連続稼働時間を効果的に延長できます

レーザーに水冷装置を追加する方が効果的ですが、この方法は実装が比較的面倒で、実際の作業ではめったに使用されません。

図4.高出力レーザーには一般にヒートシンクを装備する必要がある

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close