レーザーニュース

無人偵察機を撃墜するレーザー兵器

米国のメディア報道によると、世界最大の航空宇宙企業であるボーイングは、最近、コンパクトレーザー兵器システム(CLWS)が米国空軍と陸軍との一連の重要なデモを完了したことを発表しました。最新のニュースは、5キロワットの出力を持つCLWS兵器が戦闘能力のいくつかのデモンストレーションを正常に完了し、実際の配備の準備ができていることを確認したことを示しています。

テストオペレーターは、ゲームパッドのようなコントローラーを使用して小さなドローンターゲットをロックおよび追跡しましたが、レーザーを発射して失敗しました。標準的なコンテナに固定されたCLWSシステムを使用して、システムオペレーターは最初の操作で約30個のターゲットを正常に破壊しました。

Boeing CLWSプロジェクトマネージャーのKurt Sorenson氏は次のように述べています。「CLWSシステムの使いやすさ、成熟度、およびコマンドアンドコントロール(C2)ネットワークへのシームレスな統合について多くのフィードバックを受け取りました。 5つのテストサイトで軍人にCLWSの機能を実証しました。非常に高い成功率で無数のドローンを破壊しました。」

CLWSシステムには、検出用のレーダーシステムやターゲット認識/選択用の高解像度センサーシステムなど、統合された反UAVシステムコンポーネントが含まれていることが報告されています。 MFIXの演習中、CLWSシステムは、「ステアリングプロンプト」機能によって提供されるターゲット検証サービスの助けを借りて、インターセプト操作を正常に完了しました。この機能により、レーダーセンサーは、イメージングシステムにターゲットの位置とエンゲージ(レーザーの発射)を通知できます。

さらに、ボーイングが元々開発および納入した他の2つの高エネルギーレーザー(HEL)武器の実証に成功しました。これには、STRYKERプラットフォームに搭載された米軍のモバイル遠征高エネルギーレーザー(MEHEL)と、大口径、高出力陸軍高エネルギーレーザーモバイルテスト車両(HELMTT)。

ボーイングのレーザーおよびオプトエレクトロニクスシステムのプロジェクトマネージャーであるロンダウクは、次のように述べています。「コンパクトレーザー兵器システムからハイパワー戦術グレードシステムまで、さまざまな高エネルギーレーザー兵器におけるボーイングの継続的な開発は、この技術の成熟度の証です私たちは、実績のあるCLWSシステムにより、今日の戦闘機に反無人航空機システム(C-UAS)を提供し、軍隊の保護能力を強化する準備ができています。」

2018年、ボーイングは米国国防総省の顧客に複数のCLWSシステムプロトタイプを提供しました。限られたユーザー評価の一環として、これらのシステムはほぼ6か月間海外で展開されています。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close